読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスマス北爆

今から30年前の1972年のクリスマスの日、北ベトナムは米軍の大型爆撃機B52による空爆に曝されていたのだそうです。

クリスマス翌日に空爆を受け、壊滅したカムティエン通り。

死者287人、負傷者290人。

1973年のベトナム戦争終結から29年後の2002年12月。

ブイ・ディン・ハク監督による『ハノイの12日間、昼と夜』という映画が18日からベトナム全国で上映されているという新聞記事を目にしました。

「ハク監督がめざしたのは、戦時下を生き抜く庶民の普通の生活の描写だ。それを通じ、生身の人間の息づかいと、破壊的な近代兵器B52 を使う側の非人間性との対照性を、浮き彫りにしている」(12月23日付『朝日新聞』)

ブイ・ディン・ハクは、ヨリス・イヴェンス監督『北緯17度』の協力者のひとりです。ちなみにヨリス・イヴェンス監督は『ベトナムから遠く離れて』でジャン=リュック・ゴダールと結びついています。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/...

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/...

の画像