読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴダール『小さな兵隊(Le petit soldat)』

「午前7時 僕の前を世界中の写真が悪夢のように過ぎる 

パナマ ローマ アレクサンドリア ブタペスト パリ 

悪夢は続く "学校へ行くように戦争に行った" ペルナノスの文章だ 

『辱められちゃ子供たち』の書き出しだ  

僕はまた 火を点けた 今朝の僕は少年のような気分だ 

なぜか? 答えを探すより 自問するのが 大切だ」

ゴダールの『小さな兵隊』のセリフ。1960年度製作(スイスで撮影)、アンナ・カリーナにとってゴダール映画デビュー作となるはずだったが、政治的理由から62年末まで公開禁止になっていた映画。

「見て 俳優よ」

パウル・クレーだ クレー好き?」

「ウィ」

「大切なのは他人の視線ではなく 

自分で自分をどう見るかだ」

「クレーの言葉?」

「僕のだ」

の画像