読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸徳秋水『帝国主義』(1901年)

《「帝国主義はいわゆる愛国主義を経となし,いわゆる軍国主義を緯となして,もって織り成せるの政策にあらずや」.明治34年に刊行された本書で,幸徳秋水(1871ー1911)は帝国主義の本質を喝破.該博な知識を駆使し,レーニン,ホブスンに先駆けて複雑な帝国主義の構造をえぐり出した本書の先見性は,今なお光輝を失わない.(改版)》

目次

第一章 緒言

第二章 愛国心を論す

第三章 軍国主義を論ず

第四章 帝国主義を論す

第五章 結論

幸徳秋水帝国主義』(岩波文庫

http://www.amazon.co.jp/...

原書本文 国会図書館近代デジタルライブラリー

http://kindai.ndl.go.jp/...

の画像