読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の「ゴダール大作戦」in Tokyo 2010

2010年12月3日!わが愛しの映画監督ゴダール( われらのゴダール、万歳ゴダール )が80歳の誕生日を迎えます。 そして、2010年12月18日!! 待ちに待ったゴダールの新作『ゴダール・ソシアリスム』が日本で公開されます(やったね)。 そこで、2010年11月27日 (Sat) 、《怒濤の「ゴダール大作戦」in Tokyo 2010 》( ←またもや Lucy 勝手に命名 ) すなわち「ゴダール映画祭 2010」(←正式名称)が展開されることになりましたので、ここに告知いたします。 公開されるのは1958年から2002年までの短編長編10作品: 『勝手にしやがれ (A BOUT DE SOUFFLE)』(1959) 『気狂いピエロ (PIERROT LE FOU)』(1965) 『映画史特別編 選ばれた瞬間 (MOMENTS CHOISIS)』(2002) 『右側に気をつけろ (SOIGNE TA DRITE) 』(1987) 『はなればなれに (BANDE A PART)』(1964) 『ウィークエンド (WEEK-END)』(1967) 『JLG/自画像 (JLG/JLG)』(1994) 『フォーエヴァー・モーツアルト (FOR EVER MOZART)』(1996) 「シャルロットとジェール (CHARLOTTE ET SON JULES)」(1958) 「フレディ・ビュアシュへの手紙 (LETTRE A FREDDY BUACHE)」(1981) 世界に現存する35ミリフィルムのなかでも最良の状態で保存されているこれら10作品が35ミリフィルムで一挙に上映されます(わく、わく)。 場所:TOHOシネマズシャンテ 事前確認事項:タイムテーブル http://www.bowjapan.com/godard2010/... 持参するもの:曇りのない眼と自由で快活な心 それでは、みなさん、映画館でまたお会いしましょう。 ごきげんよう。 補足* Lucy のこっそり独り言: Lucy による勝手にゴダール秘密結社結成の2002年「ゴダール大作戦」のときから8年が過ぎたんだね。 ついてきてよかったです(しみじみ、しじみ。っていうか、いろいろあるけど、ハレルヤ♪)。 この映画祭の初日11月27日 (Sat) の最初の映画が『勝手にしやがれ』(1959) で、最終日12月7日(Fri) の最後の映画が短編「シャルロットとジェール」(1958)と『JLG/自画像』(1994)だということは、忘れないようにしておこうっと。 って2010年11月24日に、書いたんだけど、最終日12月7日(Fri) の最後の映画は実際には『勝手にしやがれ』なんだそうです。 先週末『勝手にしやがれ!』で始まった2010年ゴダール映画祭、このまま快調に3週間転がり続け、『勝手にしやがれ!!!』と絶叫しながら、新作『ゴダール・ソシアリスム』に突入です! 本気です。 よろしく。 とかって、2010年12月1日に、加筆したんだけど、最終日は12月17日(Fri) の誤りです(何度も間違ってて、ごめんなさいです)。 現在、3週目に突入。今日『映画史』のラスト見て、動けなくなった。うぐー。 の画像