マルクス・エンゲルス・イェニー・メアリー

昨日、岩波ホールで『マルクス・エンゲルス』を見た。

その感想を少しだけ書き残しておきたい。

 

マルクスが仕事を残せたのはエンゲルスマルクスの妻イェニーがいたから。

あの頃マルクスの天才を「正しく」理解できたのはエンゲルスとイェニーだけ。

マルクスに勝るとも劣らないだけの能力があったからこそ、それまでだれも心に描いたことのないビジョンを彼らは共有できた。

そのことを確認できたことがあの映画を見た収穫のひとつ。

 

そして、もうひとつ。

ゴダールは『パッション』のなかで、なぜ映画は工場を舞台にしないのか、なぜ働く労働者たちの姿にカメラの焦点を当てないのか、というようなことを語っていた。それに応えるかのように『マルクス・エンゲルス』のラウル・ペック監督は労働者たちをあの映画の欠くことのできない要素として明確に位置づけていた。この映画の主役はマルクスエンゲルス、イェニーだけではない。労働者たちがこの映画の隠れた主役たちであり、マルクスエンゲルス、イェニーがなにを見ていたのかを知るためには、彼らの視線が向かうその先にいた労働者たち、スクリーンの向こう側からこちらをじっと見据えるあの労働者たちの視線としっかり目を合わせなくてはならない。それはエンゲルス事実婚の相手、アイルランド労働者メアリー・バーンズの人を射抜くような強烈な眼差しと視線を合わせることでもある。

 

この映画は、森に落ちている枯れ枝を暖をとるため集めているに過ぎない貧しい人々を馬に乗った武装警官たちが執拗に追いかけ容赦なく鞭打つ暴力的シーンから始まる。それはその森の所有権を持つ者の財産を守るという名目の罰なのだが、後半部に挿入されるシーンでは、罰を与えるその暴力は荷を捨て逃げ惑う人を刺し殺すに至るまでエスカレートしていく。森に落ちている枯れ枝を集めているだけの行為。それを犯罪と規定し過度の暴力で罰する行為。所有と財産という概念が生み出す生死に関わる対立関係を映画の基軸としていることのなかに、ペック監督のマルクスに対する正しい理解があると私は思った。

 

会場には岩波ホールの映画の常連と思しき人たち以外にも若者から仕事帰りのサラリーマン風の人たちまで年齢も肌の色も実に様々な観客が集まっていた。ゴダールの『フォーエヴァー・モーツァルト』で、納屋の前で突然演奏されるモーツァルトのピアノ演奏に、農民たちが仕事の手を休め思い思いのポーズで聴き入るシーンがあった。普遍的なものは人を惹きつけ自然に耳を傾けさせる。この映画の若きマルクスエンゲルスそしてイェニーとメアリーには眩いまでの人間的健全さがある。それがこの恐るべき映画に愛らしさと普遍性を与えている。

 

 

 

 

エンドロールのバックにはボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」がアイロニカルに流れていた。エンゲルスの父の資本家仲間に浴びせかけた強烈な皮肉が、ボブ・ディランの曲によって大音響で増幅されていた。

 

 

www.youtube.com