読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和の実現こそが世界革命

世界共和国は、権力や富の集中によってではなく、贈与の原理による社会契約を実現する事によって可能となると考える柄谷行人は、世界において今、最も有効な「贈与」とはなにかについて次のように語る。 《現在の時点で、「贈与」として最も有効なのは、戦争放棄・軍備放棄です。これはある意味で、日本人には実現しやすいことです。というのは、現行憲法の九条を文字通り実現すればいいだけのことです。というのは、現行では憲法九条はまったく実行されていない。強大な軍備があり、しかも米軍基地がある。たとえば、日本人は北朝鮮が脅威と言うけれども、日本こそ彼らにとって脅威でしょう。そこで、日本が軍備を放棄したら、どうなるか。国連総会で、戦争放棄を宣言し、基地や軍隊の段階的廃棄を宣言する。これに対して、諸外国はどうするか。国連はどうするか。かつてないことが起こるはずです。チャンスだといって、日本に攻めてくる国があるだろうか。そんな恥ずべきことをしたら、その国は終りです。軍事力や経済力以上に、「贈与の力」が働くのです。》 現在のインターナショナル・コミュニティー(国際世論)は「名誉」や「尊厳」といったものを重視する部族社会に似てきている。たとえば大地震などが起きたとき各国が援助のお金をすぐにだすのは、そうした部族社会の原理が働いているからであって、決して軍事力や経済力ではない。それは贈与の力に似たものだ。だから、日本が憲法九条(それは日本人の戦争に対する反省を客観的に示すもの)を文字通りに実現し、軍備を放棄した場合、それは大きな贈与となり、それは同時に大きな名誉や尊厳をも意味することになるのであるから、やがて多くの国々が追従し、日本は政治的・精神的なリーダーシップをもてるようになるだろうと柄谷は指摘する。 素晴らしい!これこそ、日本国憲法前文に掲げられている「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。」という理念に沿う日本のありかた、進むべき唯一の道!! 加えて、「国連システム」における「安全保障理事会」と「国際通貨基金」を変革して新しい世界システムにするという提案もポイント。 柄谷行人「平和の実現こそが世界革命」『世界』2010 October no.809 http://www.amazon.co.jp/... これも読んでね: 「ありうべき世界同時革命柄谷行人×大沢真幸×岡崎乾二郎 『文學界』2010年10月号 http://www.amazon.co.jp/...世界同時革命ーーその可能性の中心」柄谷行人×奥泉光×島田雅彦『群像』2010年11月号 http://www.amazon.co.jp/... 柄谷行人世界同時革命」『atプラス 03』 http://www.ohtabooks.com/publish/... の画像