見えるものと見えないもの

数年前チェルノブイリに出かけた。

 

今は廃村になっているコパチ村の幼稚園。床やフレームだけのベッドのうえに薄汚れたプラスチック製の人形が転がっている。手足がもがれたものもある。プリピャチには原子力発電所関連施設の従業員とその家族用の高層住宅、デパート、劇場、ホテル、運動場、プールなどが今も残る。1986年の事故後その街の住人がすべて避難したのち外部から多くの人間が侵入し盗み出せるものは盗み室内を荒らし窓やショーウインドのガラスを壊し今も床はガラスの破片で埋め尽くされている。事故がなければその春オープンするはずだった遊園地では、イエローケーキ色の観覧車と鉄さびだらけのゴーカートたちが静かに朽ち果てている。

 

ザリッシャという廃村に行った時、道路脇の内装がむき出しになった家を見て、バスに逃げ戻った。そこに住んでいた人についてなにも知らない者たちが、観光と称し大勢でやってきて、めずらしい写真が撮れるチャンスとばかりに飛び跳ねるようにして村の奥へと分け入って行く。雨ざらしになりながらもかろうじて残っているものはその家の住人にとっては思い出深いなにかだったかも知れない。そうしたものが無残な姿で人目にさらされることの痛々しさ。泣いた私も観光客の一員としてその無神経な企ての一部をなしていた。

 

その村が廃村になったのが自然災害のせいだったとしても、私は同じ心の痛みを感じたはずだ。けれど、ザリッシャ村のひとたちが村を捨てたのは自然災害が起きたからではない。原発事故が起き大量の放射線により村が汚染されたから。だから今もそこは立ち入り禁止区域に指定され、人がそこで生活することは許されていない。許可をもらい一時的に訪れることはできるにせよ。そこを訪れるひとはみなそのことを知ってる。だが、事実を知っているのとそのことの意味が分かっているのとは別のこと。

 

朽ち果てた家やゴーストタウンを見ただけではなにも見えてはこなかった。

 

家屋などの建造物が朽ち果てていく様子は視覚的に捉えることができる。けれど放射線は知覚できない。色も匂いも熱も味も肌触りもない。だから放射線の影響を受けゴーストタウンとなった場所が持つ意味を感覚的に理解できない。ガイガーカウンターを渡され常に線量を計り続けてはいたけれど、やがて状況に慣れ鈍感になりはしても、ことの本質に対し鋭敏になるのは難しかった。

 

見てはいるが、なにも見えてはいない。

 

立ち入り禁止区域の自宅に自主的に戻り暮らし続けるサマショールと呼ばれる人たちがいる。そうしたサマショールの老夫婦の家も訪ねた。70代後半になるその老人は、強制退去後しばらくは政府が用意したキエフの住宅に住んでいた。しかしそこでの生活に適応できず、キエフで再婚した女性を連れパルイシフ村に帰還。立入が禁止され廃村となった村の掘立小屋で暮らしている。豚を飼い。老人が家の外で日本の訪問者たちからの質問に受け答えしているあいだ、家のなかに隠れていた奥さんにこっそり会いに行った私を、彼女は怯えた表情を浮かべながらも出迎えてくれた。家のなかは薄暗く、床には衣服がはみ出した黒いビニール袋がいくつも転がっていた。

 

老人は言う。ここはみんな自分の庭みたいなもの。放射線を扱う仕事をしたことがあるから放射線について知識はある。放射線量が高いところに行くと喉が痛くなりそこは危険だということが自分には分かる。だから大丈夫なのだ。

  

長い間、自然と一体になって暮らしていると、放射線量が高い場所とそうでない場所との区別が直感的に分かるようになるのかもしれない。ひょっとしたら。けれどあの老人だって本当は分かっているはずなのだ。それでも彼はそこで暮らす。そこが彼の家だから。それ以外の場所では生きられないから。

 

その前日までに訪れていた廃村やプリピャチのゴーストタウンのすぐ脇には立派な道路が今も残り、バスで乗り付けることができた。けれどこの老夫婦が住む家にたどり着くには、バスを降り、なにもない平原にかろうじて残るでこぼこ道を歩くしかなかった。別れ際にハグをした。訪れたのは冬だった。草木は枯れ、見るべき景色はなかった。それでもそこに人が住んでいたということが私を元気づけた。皺だらけの顔にひとなつっこい笑顔を浮かべるやせた老人とひたすら物静かなふくよかな妻。あのふたりはこの冬どうしているだろう。温かいものでも飲んで暖まっているだろうか。

 

チェルノブイリ原発事故の影響で458の村が消えたとされている。

けれどそこで消えたものを数字で示すことはできない。

どういう名前のどういう顔をしたどういう人がそこでどういう暮らしをしていたのか、事故が起きたときそしてその後なにを感じ、今もし生きているならどんなことを思っているのか。そうしたことを知らなければ本当のことは何も見えてはこない。

 

人類が生物である限り、放射性物質とは共存できない。

 

人類が核エネルギーを未だ使い続けているのは、貧困問題も戦争も克服できないレベルにとどまっているから。人類はまだ核廃棄物の安全な処理方法さえ持たないのだということは自覚すべき。

 

核弾頭と原子炉はどちらも核開発競争の産物。21世紀このふたつの後始末に着手することで原子爆弾原子力事故で亡くなった人たちの本当の供養をしたい。

ベトナムに出かけた時のこと

コンラッドの『闇の奥』は他の英文学の小説とは明らかに違っていた。その頃大学生だった私の頭のなかに作られたコンゴ川のイメージは、『地獄の黙示録』を見て以来メコン川のイメージと重なり置き換えられていく。だからなのだと思う、初めてタイを訪れたとき移動中の車のなかであれがメコン川でその向こう側がベトナムだよと教えてもらったとき、メコン川を遡ると一体なにが起きるのだろうという考えが浮かんだのは。

 

それから4年経ってベトナムに出かけた。バイクの洪水だとは聞いていたけれど、ホーチミン到着当日は怖くて信号のない通りの向こう側には渡れなかった。そのうち私も渡れるようにはなったものの、軽業師のようにひょひょいひょいと動き回る現地の人たちの身のこなしには美しさが宿っていた。

 

信号が変わったのに大通りの真ん中にひとり取り残された私を助けてくれたのはたくさんの竹ざるをリヤカーーにつけたおじさんだった。私を見た瞬間、道路事情が飲み込めていないため危険にすら気づいていないと判断、その私を助けるため通りの向こうからものすごいスピードで引き返して来てくれたのだ。しかもその大きなリヤカーを引っ張ったまま。

 

メコン川クルーズにも参加した。小さな船を何度も乗り継ぎ、メコンデルタの小さな島を幾つか回りながら、かつてベトコンがその茂みに隠れていたであろう狭くて蛇行した川を小舟で移動した。途中立ち寄った小さな島では水たまりで足を滑らせた。その様子があまりに滑稽で周りにいたみんなが一斉に笑ったけど、島の女の人がひとり、私の泥だらけになった靴をきれいに洗ってくれた。知らんぷりだってできただろうに、なのに私のことをまるで自分の子供ででもあるかのように扱ってくれた。隣で小さい女の子が不思議そうに私を見ていた。

 

ひたすらのどかな一日だった。まるで額縁に入ったひとつの絵を見ているような。

 

クルーズから帰ってきた私はダラットに出かけるため深夜の長距離バスに乗り込んだ。バスに乗り込むと周りにいたベトナム人の女の人たちが、次々、座席はこうやって倒すといいよとか、毛布はここにあるよとか私に教えてくれた。

 

朝方バスのなかで目が覚めフロントガラスの前の風景を見たとき頭に浮かんだのは沢田教一の写真だった。けれどもちろん道の真ん中には両手を広げ泣き叫んでいる裸の女の子は立ってはいなかったし、バスの乗客たちはみな安心しきって穏やかに眠っていた。

 

ダラットにはベトナムで一番美しいと言われていた駅舎がありプラットホームには日本製の蒸気機関車が置かれていた。バイクの後ろに乗せてもらいダラットの街をあちこち案内してもらった。泣けてきてしょうがなかった。現地のバイク観光の男の子(と思ったら後で小学生の女の子がいることが判った)になんで泣いてるのとか聞かれても涙がでるのだからしょうがなかった。あたりまえの日常が目の前に広がっていることがただただうれしかった。

 

ダラットでの宿泊所にはテレビもラジオももちろんインターネット回線もなく、だからその夜、日本への携帯電話が繋がらなかったのも電波状況が悪いのだろうくらいにしか思っていなかった。翌日やっと家族に携帯が繋がった。「大丈夫、みんな元気で変わりないから」「えっ、なんのこと?」「大きな地震が起きたんだよ。津波が来て、今、福島の原発が水蒸気爆発を起こしている」

 

2011年3月11日。私はベトナム中南部にあるダラットにいた。

 

 

はてなに 原子力に関わる問題について考え続ける(仮称)というブログを作ったこともここでお知らせさせて下さい。

 

知覚のドアが開くようになれば

もし知覚のドアが開くようになれば

すべてのものが ありのままのままに見えるだろう 

すべては無限だ

なのに人間は自分を閉じ込め 

自らの洞窟の狭い隙間からすべてを覗き見る以外できなくなっている

If the doors of perception were cleansed every thing would

appear to man as it is: infinite.

For man has closed himself up, till he sees all things thro'

narrow chinks of his cavern. 

( ウィリアム・ブレイク『天国と地獄の結婚』試訳 by Lucy / Keiko Aoyama )

 

lucysounds.hatenablog.com

 

 

 

16小節目の旅の始まりはまだ続くよ

*16小節目の旅の始まり*

     ↑

は、2016年の今もまだ続いています

  

"To judge something, you have to be there"

--- Bronislaw Malinowski (1884-1942) 

     ↑

現場にいなくては決して分からないことがあると思う

 

その ずうっーーーと先にあるものを

考えうる 最高の存在のあり方 未来の姿を

想像=創造しよう

行動しよう

  ↑

と今も思い続けています

  

"The Imagination is not a State:

 it is Human Existence itself”

   ↑

というWilliam Blakeの言葉の意味が分かりかけてきたかもしれません

 

"for ever GODARD" & "What is now proved was once, only imagin'd" の Lucy's rolling HERE and THERE が日本国民である前にどこまでもひとりの人間 & ひとつの Universal な存在を生き続けているゆえにわれ思う、憲法9条はあらかじめ届けられた未来からの贈り物のひとつだよ、きっと

   ↑

日本国憲法9条は人類史に残る偉業だとよりいっそう強く思っています

 

lucysounds.hatenablog.com

かつて想像し得なかったほどの速度で世界は自ら変容し続けています。この世界から人間という存在自体が振り落とされてしまいそうなくらいの高速で。

だからこそ今やっておかなくてはならないことがある。

 

けど、それはたったひとりではできないことにも気づいています。

Lucy は今、仲間を必要としています。

いろんなことを教えてもらったり、いっしょに考えたりできる仲間が。

 

lucysounds.hatenablog.com

現在 正しいとされているものも  かつては想像されたものでしかなかった

What is now proved was once, only imagin’d

ウィリアム・ブレイク『天国と地獄の結婚』試訳 by Lucy / Keiko Aoyama )

 

lucysounds.hatenablog.com